顎やおでこ、鼻にニキビができる原因は?どうすれば治る?

ニキビは顔だけでなくあらゆるところにできてしまい、それぞれ原因や対策方法が異なります。

 

また思春期ニキビや大人ニキビといった種類の違いもあるのが特徴で、それぞれの状態に応じた対策が不可欠でしょう。

 

悪化させることなく治すためには様々なポイントを押さえてケアをすることが望ましいです。日常生活を改めたり、ニキビに関する知識をつけることも必要です。

 

 

ニキビの原因と対策

顎にできるニキビの主な原因は、皮脂詰まりとホルモンバランスの乱れの2つが考えられます。

 

他にも様々な要因がありますが、顎のニキビに関してはこの2つが主原因です。

 

顎は皮脂が詰まりやすいですが、ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌が増えます。そして皮脂が詰まって毛穴で炎症が起こり、ニキビができると考えられます。

 

顎のニキビを防ぐためには、ストレスを溜め込まない・皮脂の分泌を抑える食事にするなど、ホルモンバランスを整える必要があります。

 

おでこ

おでこはニキビができやすい場所の一つで、毛穴への刺激やホルモンバランスの乱れが原因となっています。

 

特に思春期の頃にできるニキビは、ホルモンバランスの乱れが大きな原因です。ただ、髪の毛が長い方などは毛先が毛穴を刺激し、炎症を起こしている場合があります。

 

おでこのニキビは、ヘアスタイルの変更やこまめなスキンケアで予防することが可能です。

 

前髪が長い方はカットするかピンで止めたり、毎晩欠かさず洗顔や保湿などを心がけましょう。

 

鼻のニキビは大きくなりやすいですが、皮脂の過剰な分泌です。鼻は日々の分泌量が多く、それが詰まってニキビの原因になる場合があります。

 

また、鼻を手で触った際の雑菌が毛穴に入り込み、炎症を引き起こすことも考えられます。

 

鼻のニキビを予防するなら、余分な皮脂や毛穴の雑菌を取り除くことが大切で、洗顔後は保湿し、毛穴に皮脂が詰まりにくい環境も整えましょう。

 

触ると悪化する場合が多いため、むやみに触らないことも重要です。

 

頬は赤い斑点のようなニキビができやすい場所で、主に肌の乾燥や皮脂に詰まった汚れが原因です。特に頬は皮脂の分泌量が少なく、乾燥肌になることも珍しくありません。

 

毛穴の水分が不足しており、中に汚れが詰まりやすいのです。その結果、雑菌が繁殖して炎症を引き起こし、ニキビができると言われています。

 

頬のニキビの予防は保湿が大切なので、化粧水やクリームを使い、こまめな保湿を行いましょう。特に肌が乾燥しやすい季節は注意が必要です。

 

口周辺

口の周辺にできるニキビは、肌の乾燥やターンオーバーサイクルの乱れが原因です。口元は乾燥しやすく、頬と同じ仕組みでニキビができやすい場所でもあります。

 

また、肌のターンオーバーが乱れ、ニキビができやすくなっている場合も珍しくありません。

 

口元にできるニキビの予防には、こまめな保湿と適度な睡眠・生活習慣の見直しが必要です。

 

保湿も大切ですが、それ以上に正しいターンオーバーサイクルへ戻すことが重要と言えるでしょう。

 

背中

背中のニキビは見えづらいですが、ニキビができやすい場所の一つです。

 

主な原因として考えられるのが皮脂の過剰分泌と毛穴に詰まった汚れで、これら2つが原因の場合もあります。

 

皮脂詰まりや汚れなどが原因で毛穴が炎症し、ニキビができてしまうのです。

 

背中のニキビを予防する最適な手段は、肌を清潔に保つことです。

 

皮脂や汚れを綺麗に洗い落とし、毛穴に詰まりにくい環境を整えるために、殺菌成分入りのボディーソープを使うのもおすすめです。

 

ニキビの種類

思春期ニキビと大人ニキビの違い

ニキビは主に思春期ニキビと大人ニキビの2種類に分けられます。

 

思春期ニキビとは、その名の通り10代の思春期の頃にできやすいニキビのことです。

 

対して大人ニキビは、主に20歳以上の大人になってかららできるニキビの総称で、思春期ニキビとは区別されています。

 

思春期ニキビはTゾーンにできやすく、主な原因は成長ホルモンの分泌量の増加とバランスの乱れです。

 

合わせて皮脂も過剰に分泌され、毛穴で雑菌が繁殖しやすい環境になることが原因と考えられています。

 

思春期ニキビにはファーストクラッシュを使った対策が有効です。

 

一方の大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れやストレス、生活習慣の乱れや睡眠不足など、様々な原因があります。

 

頬や顎にできやすく、皮脂が詰まって炎症を引き起こすことが影響しています。

 

いずれにしても、ニキビは早めの対処が大切です。原因を探り、悪化する前にケアしたり環境の改善を行いましょう。

 

もし思春期ニキビで悩んでいる場合は、ファーストクラッシュの使用がおすすめです。

 

ニキビが悪化していく流れ

ニキビの進行状況は、主に5段階に分けられています。

 

状態が良いほうから「白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→膿ニキビ→ニキビ跡」となります。

 

最初は白くてあまり目立たないニキビも、そのうち黒や赤へと悪化し、最終的に跡が残る段階へ至ります。

 

白ニキビは最も軽い段階で、乾燥肌や肌サイクルの低下が主な原因です。あまり目立たず痛みも少ないことから、早期対処で消えることも多い段階です。

 

2段階目の黒ニキビはホルモンバランスの乱れやストレスが原因で、やや毛穴が黒ずんだ色になります。少しニキビが大きくなり、人によっては痛みを感じる段階です。

 

そして赤ニキビは毛穴が炎症を起こしている段階で、毛穴の中で雑菌が繁殖している状態です。痛みも強めで、赤い斑点のように目立つのが特徴です。

 

更に膿ニキビへと悪化すると、皮脂が酸化してしまったり、毛穴が化膿してしまいます。毛穴に膿が溜まっているため茶色っぽいニキビになりますが、治すのも少し大変な段階です。

 

膿ニキビが悪化すると、最後にニキビ跡が残ります。メラニンの影響で茶色~黒に変色しており、状態によっては長期間跡が消えないので注意が必要です。

 

ニキビを悪化させないためのポイント

メイクに注意する

ニキビの主な原因の一つにメイクがありますが、これは落としきれなかったメイクが汚れとして毛穴に詰まり、炎症を引き起こすためです。

 

もしニキビができた時は、使用する化粧品にも気を使う必要があります。

 

メイクする際は、低刺激のものを使用しましょう。ファンデーションや下地などは特にニキビへ影響するため、低刺激のものが欠かせません。

 

また、ファンデーションはパウダータイプが良いでしょう。カバー力は少し低いですが、通気性が良いうえ余分な皮脂をパウダーが吸い取ります。

 

一般的なリキッドタイプと比べ、ニキビの悪化を抑えてくれます。

 

潰すと悪化するので注意

ニキビが気になって潰していませんか?

 

癖になっている方もいると思いますが、絶対潰さないようにしましょう。ニキビを潰してしまうと余計悪化するためです。

 

もし潰した場合、炎症が更に悪化して大きくなるばかりか、化膿して治りそのものが遅くなります。

 

最悪ニキビ跡が残ってしまい、数ヶ月~数年間も消えずに残る可能性もあります。

 

ニキビができても絶対に潰さず我慢しましょう。見つけたら早めにケアし、悪化を防ぐことが大切です。

 

ニキビに良くない食べ物をできるだけ避ける

ニキビの治りは普段の食事の影響も受けます。そのため、ニキビを悪化させてしまう食べ物は極力避けましょう。

 

特に気を付けておきたいのが、ファーストフードやスナックなど脂分の多い食べ物です。皮脂の分泌量が増加し、更にニキビの悪化が進んでしまうおそれがあります。

 

もしニキビができた時は、脂分が多い食べ物は避けることをおすすめします。逆にビタミンCなど美肌に良い栄養を含む食べ物を意識し、ニキビを早めに治しましょう。

 

刺激を与えない

ニキビができると、気になって触ってしまう方もいらっしゃると思います。しかし、肌は非常にデリケートで、小さな刺激でもニキビが悪化する場合があるのです。

 

手には様々な雑菌や皮脂が付着しており、毛穴に入ると炎症を起こす原因にもなります。こうした理由から、手で触れることだけは避けるべきなのです。

 

また、洗顔料などスキンケア製品の刺激にも注意しましょう。毛穴に余分な刺激を与え、ニキビが悪化する可能性があります。肌に優しい低刺激の製品を使いましょう。

 

まとめ

ニキビは顔だけでも頬や顎、口周りなどあらゆるところにできますし、自分では確認できない背中ニキビも厄介です。

 

同じようなニキビに見えても実は種類が異なっているケースもあり注意が必要でしょう。

 

大人ニキビと思春期ニキビともに適切なケアで予防が可能ですが、思春期ニキビの場合はファーストクラッシュを使用したケアで悩みを解消できます。